まいたびレポート
2018年12月31日~2019年1月2日
「橋を渡ってめぐる瀬戸内しまなみ海道と安芸灘とびしま海道 世界遺産・安芸ノ宮島初詣」

平成最後の大晦日

平成最後の大晦日、18名のお客さまと「橋を渡ってめぐる瀬戸内しまなみ海道と安芸灘とびしま海道 世界遺産・安芸ノ宮島初詣」に行ってまいりました!

「2019年に行くべき52ヶ所」に日本で唯一選ばれた今注目のスポット「しまなみ海道」と、ツアーで行くのが珍しい「とびしま海道」をめぐり、大山祇神社と厳島神社で初詣をする、まいたびイチオシの年越しツアーです。

1日目・耕三寺、平山郁夫美術館

1日目に訪ねた、耕三寺では迫力のあるエキゾチックな寺院の姿に皆さま圧巻。
耕三寺

境内は水を打ったように静かで、神聖な雰囲気の中に佇むお寺の姿は荘厳。「御礼参りというのも静かにできていいわね」とおっしゃるお客さまも。

耕三寺仏像


平山郁夫美術館では、平山郁夫さんの実の弟でもある平山助成館長が30分以上かけて、ゆっくりご案内してくださいました。

美術館館長
「思いを込めているから見ている人に伝わるものがある」「街が綺麗、地のものが美味しい、時間通りに来る、日本文化の素晴らしさを理解することの大切さ」「歴史を後世に伝えて行く私たちの責務」を学びました。
平山郁夫美術館絵②
平山郁夫美術館絵

※館長・館内の写真掲載については許可を取らせていただきました。

千光寺の樹
千光寺文学の小道
千光寺の樹、千光寺文学の小道

大三島フェリー

大三島フェリー

東京発―新幹線―(品川・新横浜)ー岡山<貸切バス>尾道(千光寺公園散策)=(しまなみ海道)=(尾道大橋⇒一本塔柱斜張橋)=向島=(因島大橋⇒風光明媚な吊橋)=因島=(生口大橋⇒複合斜張橋)=生口島(耕三寺⇒西の日光東照宮、平山郁夫美術館)=(多々羅大橋⇒世界最大級の斜張橋)=大三島=(大三島大橋⇒最初の本州四国連絡橋)=伯方島=(伯方・大島大橋)=(来島海峡大橋⇒世界初の三連吊橋)=今治

2日目・初日の出、アートなマンホール

皆さま今治国際ホテルで元日をお迎えになりました。
バスで皆さまをお迎えするときの夜明けの様子。
初日の出前copy

初日の出鑑賞風景

お客さまが素敵な初日の出のお写真をくださいました!
広島の風景copy
見ているだけで、2019年が良い1年になる予感がしてきます♪素敵な1枚をありがとうございます。

御手洗街並み保存地区ではお客さまが下を向いてお写真を。
御手洗マンホールcopy

アートなマンホールが!こんな旅の楽しみ方もあるんですね。
そして現在まいたびではこんな「わくわく下を向いて歩く旅」を楽しみたいお客さま向けのツアーを企画中です!
今春発表予定ですので、ぜひお楽しみに♪
御手洗街並みcopy
御手洗の街並み


=大三島(大山祇神社⇒初詣)~岡村島〈安芸灘とびしま海道〉=(岡村大橋⇒日本で唯一の海上で県境を越える農道橋)=中ノ島=平羅島=大崎下島(瀬戸内みかん狩り、御手洗町並み保存地区)=(豊浜大橋⇒高欄には「アビ」のレリーフ)=豊島=(豊島大橋⇒日本唯一の21世紀の吊橋)=上蒲刈島=(蒲刈大橋⇒日本初トラス橋)=下蒲刈島=(安芸灘大橋)=呉(大和ミュージアム⇒10分の1スケールの戦艦「大和」展示)=広島


3日目・錦帯橋と厳島神社へ!


朝一番に訪ねたのは、錦帯橋。9時過ぎに到着したときは、人も少なく、神聖な空気が漂っていました。寒いけれどそんな雰囲気にお客さまも足取り軽く橋を渡っていらっしゃいました。

6月に鳥居の改修工事が始まり数年間今の姿が見られなくなる宮島は今注目のスポット!ということもあって、厳島神社の前には、入口が見えないほどなが~く延びた大行列。あまりに多い人の数に圧倒されながらも、途中いっせいに列が動き無事に皆さま初詣して頂くことができました。皆さまのお願いごとが叶いますように!

厳島神社


旅の終わりには「行きたかった海道、初詣、元日にみかん狩りという思い出に残る経験がたくさんできて楽しかった」「お正月、いつもはおせちや来客対応で慌ただしくなってしまうけれど、旅行でのんびり普段見られないものを見るというのも素敵ね」とおっしゃってくださるお客さまも。

今年は平成最後の大晦日・元日。そんな思い出に残る年越しをご一緒させて頂いてありがとうございました。

1人参加のお客さまが多い弊社のツアーですが、各地のお店の方に団体と間違われるほどお客さま同士和やかに談笑していらっしゃる様子がとても印象的でした。また、スタッフに折々で優しい言葉をかけてくださるお客さまたちとお話しする中で、まいたびはこんなに温かいお客さまに支えられているんだと改めて感じました。

広島街並み
原爆ドーム
しまなみ海道車窓copy


錦帯橋
錦帯橋


=岩国(錦帯橋⇒日本三大奇橋)=宮島口~宮島(厳島神社⇒初詣)~宮島口=広島―新幹線―(新横浜・品川)―東京着

「年越しという特別な日に旅行するのもいいわね」とおっしゃっているお客さまもいらっしゃいました。毎日新聞旅行では4月30日から5月1日にかけて元号が変わる日の旅行をただいま複数企画中ですので、弊社Webまいたび https://www.maitabi.jp もご覧頂けたら幸いです。

2019年もお客さまに楽しんでいただけるツアーを企画できるよう社員一同尽力したいと思いますので、本年も毎日新聞旅行を宜しくお願いします!(AK)