まいたびレポート
2019年4月30日
平成最後の『貸切お座敷列車「華」の旅🚃🚃🌈館林ツツジ とあしかがフラワーパーク のフジ』

改元という貴重な時

皆さま、ゴールデンウイーク(以下GW)10連休いかがお過ごしでしたでしょうか?🌈
新しい元号となる「令和」に因んだお菓子が発売されたり、各地で趣向を凝らしたイベントが催されたり、華やかな祝賀ムードのなか迎えた「元号がわり」。

まいたび®でも多くのお客さまにツアーにご参加いただき、誠にありがとうございました。
その中でも特に人気のあった、平成最後の4月30日に行く『貸切お座敷列車「華」の旅🚃🚃🌈館林ツツジ とあしかがフラワーパーク のフジ』の添乗レポートをご紹介します!

お座敷列車とは?それはまさに「和」、和風で和やかな時間です

当ツアーは、平成最後となる4月30日にGWであっても渋滞知らず✨な「貸切お座敷列車」で熊谷まで行き、そこから貸切バスで「館林つつじが岡公園」に向かい、「あしかがフラワーパーク」を訪ねるという花を愛でる旅。今年はバス2台92名のお客さまにご参加いただきました。

GW貸切お座敷列車の旅は、長年続くまいたび伝統の人気企画。社内でも多くの先輩社員が今まで添乗していて、「お客さまのために頑張ってきてね」「平成最後の日に添乗できるなんて一生の思い出だね」と温かく送り出され、気合い十分🔥で上野駅に向かいました。
お座敷ロゴ
お座敷車体

お座敷列車車内では、掘りごたつのゆったりした車内で、3世代のご家族、30年来の高校のご友人、ご夫婦、おひとり参加のお客さま同士などなど皆さま和やかにご談笑されていらっしゃいました🍀✨
お座敷車内


日本一とも世界一とも言われる、約1万株のツツジ「館林つつじが岡公園」

熊谷駅で降り、貸切バスに移動🚌
向かうのは「日本一」と言われる館林つつじが岡公園。
100余品種、約1万株という圧巻の、約400年もの間地域の人のご尽力で絶えず受け継がれてきた、県内外の人に愛されているつつじです。アメリカのツツジ、シャクナゲ協会会長D.リーチ氏が「世界一」とおっしゃったことから世界一とも言われます!

あいにくの雨模様☂️でしたが、現地スタッフの情報によると早咲きツツジも遅咲きツツジも見られる貴重な時期、かつツツジの状況は「満開🌸」!お客さまとわくわく向かいました🏳
 

館林つつじ①
館林つつじ②
館林つつじ③

帰ってきたお客さまたち「こんなツツジ見たことない、都内では見られない大きさのツツジね、見られてよかった😊!」とおっしゃっていました🎶

昼食は鳥めし本舗登利平のお弁当!
あったかい、登利平伝統の味付けが鳥とごはんに染み込んだ絶品の鳥めしに皆さま舌つづみを打っていらっしゃいました✨

登利平

満開の大藤、世界の夢の旅行先とも称される「あしかがフラワーパーク」

次に向かうのは、朝バス車内で伺った「当ツアーをお選びいただいた観光地」アンケートNo.1だったあしかがフラワーパークへ!
ガイドさんの「雨☂️の影響で個人のお客さまが少なく、満開の時期としてはゆっくりお楽しみいただけると思います✨」との声に皆さんも表情が明るくなりました😊


あしかがフジ①
あしかがフジ②
あしかがフジ③
あしかがフジ④
あしかがフジ⑤
あしかが桜
あしかが正面

あしかがフラワーパークでは、満開の大藤!やさしい藤の甘い香りと圧巻の紫のカーテンで皆さまをお迎えしてくれました✨
「世界の夢の旅行先」に、日本で唯一選出、全国イルミネーションランキング」で2年連続1位、と日本を代表する観光地になっているあしかがフラワーパーク。
老若男女、国内外のお客さまが、藤を愛でていらっしゃる姿が印象的でした。


そしてお帰りももちろんお座敷列車🚈

和気あいあいと話される皆さまを見て温かい気持ちになりました☺️🌸
私は去年もこのツアーの添乗をしたのですが、2年連続ご参加くださったご家族がいらっしゃり、小学生の男の子のお子さまが1年でとっても身長が伸びてお兄さんになっていた🌸という嬉しい出来事もありました☺️

おわりに

皆さまにとって「平成」はどんな時代でしたでしょうか?嬉しいこと、楽しいこと、時には悲しいこと、それぞれたくさんの思い出がつまっていると思います。この1日がご参加くださったお客さまにとって、平成最後の日の思い出の1ページになることができたら嬉しいです。

道中、「まいたび®は少し変わったツアーが多いから好きなのよ」とおっしゃってくださるお客さまも✨普段は見られない特別公開や、新しくオープンする新スポットなど「今」「この時」行きたいツアーをテーマに企画しております。

3ヶ月に1回発行されるパンフレット(次回7月予定)の他にも、毎日新聞に掲載している広告や、まいたび®ホームページ https://www.maitabi.jp/、twitter [まいたび®VOICE] https://twitter.com/maitabi_jp などでパンフレットにはない旬な新コースをご案内しております。
ふっと出かけたいと思ったとき、ご覧いただけたら幸いです。

「令和」も皆さまに喜んでいただけるツアーをお届けできるよう、社員一同尽力致します。今後とも毎日新聞旅行をよろしくお願いいたします!
(AK)







Clip to Evernote

follow us in feedly