2月発行まいたび®春号パンフレットに先駆けて、春のおすすめ新ツアーをご紹介します!

すっかり有名な高知県の仁淀川。吉野川・四万十川に次ぐ四国第三の河川で、水質日本一を誇る「奇跡の清流」と呼ばれています。

今回は、仁淀ブルー観光協議会の推薦をいただき、地元観光情報ならではのとっておきを盛り込んでいます。

仁淀ブルー観光協議会のご推薦!まいたび®春限定の仁淀!

これこそまさに仁淀川の桜と、自然・歴史・文化探訪ツアーの決定版!
吾川ひょうたん桜や中越家のしだれ桜など、地元では桜どころとして知られる仁淀川町の桜の名所を巡ります。
また、旅の前後では、仁淀ブルーが眺められる安居渓谷や、紙漉き体験や町歩きなどの歴史・文化探訪もお楽しみいただけます。
宿泊は、全室仁淀川ビューの「かんぽの宿伊野(いの)」。こちらは快適な宿泊が楽しめるだけでなく、周辺にも桜の木がたくさん植えられており、お花見も楽しめます。

ツアーのポイント1⃣
仁淀川町の桜・花桃の名所を満喫
樹齢500年の「ひょうたん桜」
(樹齢500年の「ひょうたん桜」)
仁淀川町の山里に咲き誇る桜や花桃の名所を巡ります
・華やかな花桃が咲く山里「上久喜の花桃」
・ダム湖沿いにソメイヨシノの並木が続く「大渡ダム公園」
・名家の庭に咲く樹齢200年の「中越家しだれ桜」
・樹齢500年の「ひょうたん桜」
・仁淀ブルーの川越しに桜並木を眺める「池川茶園工房カフェ」


ツアーのポイント2⃣
全室仁淀川ビュー!かんぽの宿伊野に2連泊
桜並木とかんぽの宿伊野
(桜並木とかんぽの宿伊野)
仁淀川沿いにひときわ高くそびえるホテル、かんぽの宿伊野に2連泊。
全室仁淀川ビューの素晴らしい立地に加え、清潔なお部屋や快適な温泉が魅力です。
周辺にはソメイヨシノの並木が植えられ、毎年春にはお花見客で賑わいます。
仁淀川の旅には絶好のホテルと言えるでしょう。

ツアーのポイント3⃣
仁淀ブルースポットも外せない!
安居渓谷・水晶渕
(安居渓谷・水晶淵)
日本一の清流と名高い仁淀川へ来たからには、是非とも訪れたい仁淀ブルースポット「安居渓谷」。
中でも、ブルーに輝く水の色と、曲がりくねった地層の風景が、美しい自然林の中に映える「水晶淵」は、仁淀ブルーの聖地とも言える場所です。

ツアーのポイント4⃣
仁淀川の自然・歴史・文化を余すことなく楽しむ佐川・酒蔵の道
(佐川・酒蔵の道)
仁淀川の魅力は美しい川や桜だけではありません。川に根付いた暮らしや文化がそこにはあります。
1日目は、越知町の横倉山自然の森博物館へ。仁淀川中流域にそびえる横倉山の地質、植物、歴史などについて、学芸員さんに案内してもらいます。
3日目には、仁淀川の恵みとも言える伝統工芸「土佐和紙」を今なお受け継ぐ、土佐和紙工芸村QRAUDにて、和紙の手漉き体験を楽しみます。また、城下町として栄えた佐川(さかわ)の町歩きを地元ガイドの案内で楽しみます。

ツアーのポイント5⃣
食にもこだわる!大正軒のうな重
(大正軒のうな重)
高知では忘れてはいけないのは美味しいグルメ。今回のツアーでも、食事にはこだわっています。1日目は地元鮮魚店が営む食堂、魚菜・稲月にてご昼食。新鮮なお魚料理や小鉢の料理が楽しめます。2日目は山間の町、仁淀川町の土佐料理のお店。味に定評があります。3日目は大正2年創業の老舗うなぎ屋、大正軒のうな重です。分厚いうなぎは食べ応えがあります。




まいたび®春限定の仁淀ブルー!

いかがでしょうか、春の桜色と煌めく青のコントラスト!
皆さまとご一緒に旅行ができることを楽しみにお待ちしております。

毎日新聞旅行「春限定の仁淀ブルー」お申し込みページ


※当ブログでご紹介した内容は、仁淀ブルー観光協議会さまに了承いただいたものを掲載しております。


年間で3回発行されるパンフレット(次回2月発行予定)の他にも、毎日新聞に掲載している広告や、まいたび®ホームページ https://www.maitabi.jp/、twitter [まいたび®VOICE] https://twitter.com/maitabi_jp などで、パンフレットにはない旬な新コースをご案内しておりますのでご覧いただけると幸いです。

春もまいたび®毎日新聞旅行をよろしくお願いいたします!
(AK)