「高尾山」東京・安心安全富士登山2020ステップ1


 初心者や入門者が富士山登頂を目指す「安心安全富士登山2020」のステップ1が3月14日、東京都の高尾山(599m)で開かれた。

 午前9時半、京王線高尾山口駅前には17人の参加者が集まった。低気圧が太平洋を通過しているため、あいにくの雨となった。しかし、参加者はザックや登山靴を新調し、意欲は満々だ。上村博道・山岳ガイドは参加者を前に、「雨ということで、雨の装備を使うことになります。本番の富士山までに雨具の使い方を学ぶ必要がありますので、今回は良い機会です。ポジティブにいきましょう」と語りかけた。

 さらに靴ひもの結び方を伝えた。上村ガイドは「(靴ひもを靴のフックに引っ掛ける時は)、上から下へ、です」と実際にひもを締めながら解説した。参加者は食い入るように見つめ、メモを取る姿もあった。

靴ひもの結び高を伝える上村博道ガイド(中央)

靴ひもの結び高を伝える上村博道ガイド(中央)


 午前10時、雨の中を出発した。赤、青色のザックカバーが雨をはじく。6号路を通り、琵琶滝からは急な斜面となった。岩や木の根が露出し、歩きにくいところもあった。「足と足の幅は小さく」と上村ガイドが声をかけた。一行はゆっくりとしたペースで登ってゆく。1秒に1歩ほどだろうか。「富士山でもこのペースで登ります。早く歩くとばててしまいます」と伝えてくれた。

 何度かの休憩を挟み、小1時間ほどで舗装された1号路に合流した。雨は雪に変わった。かなりの冷え込みの中、昼食をとった。悪天候時の食事は、お弁当類ではなく、手早く食べられるおにぎりかパンがベストだ。また、冬の山行にはお湯を持参したい。ホットな飲み物で冷えた体を温めて低体温症を防ぎたい。雪の中を一行は薬王院へ進み、さらに山頂を目指した。山頂で雪はさらに激しく降り、積もり始めていた。普段なら立すいの余地もないほどの人出があるのだが、今回は人影もまばらだ。高尾山山頂の雪景色は筆者も見たことはなく貴重な経験となった。

雪の中を山頂へ向かう

雪の中を山頂へ向かう


静かな高尾山山頂。白昼、人のいない山頂は珍しい
静かな高尾山山頂。白昼、人のいない山頂は珍しい


記念撮影をする参加者の皆さん
記念撮影をする参加者の皆さん

 それぞれが記念撮影をした後、下山へ。雪のアスファルトや木道は滑りやすい。上村ガイドは「小股で歩きましょう」と注意喚起をしてくれた。途中ケーブルカーの高尾山駅前の売店で、名物の「天狗焼」を購入する姿もあった。天狗焼は黒豆のあんこで甘さ控えめ。甘いものを食べない人にも好評だ。もちろんここでしか買えない。

降りしきる雪の中を下山する

降りしきる雪の中を下山する


高尾山名物の天狗焼。甘さ控えめでとても美味しい
高尾山名物の天狗焼。甘さ控えめでとても美味しい。お土産にもピッタリ

 午後2時半には高尾山口駅に帰り着いた。一行は終始しっかりとした足取りで、足並みに乱れもなかった。50代の女性は「ぜひ富士山に登りたい。ステップ2も参加します」と意気軒高だった。千里の道も一歩から。そして、富士山を目指す旅が始まった。
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】(2020年3月14日登頂)

 【富士登山のために1】
〈3種の神器〉登山の3種の神器は、ザック、レインウェア、登山靴のことだ。いずれも登山道具店で専用のものをそろえよう。ザックや登山靴はそれぞれ2万円前後する。レインウェアは2~3万円ほど。さらにヘッドランプ、ザックカバーも必要となる。それぞれの説明は次回以降記したい。

●筆者プロフィール●
 1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを歴任。2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長