御坂毛無山~十二ヶ岳 添乗記


2022年4月23日(土)
富士山の北、御坂山塊は、東京から2時間弱で到着でき、日帰り山行に便利なアクセスしやすい山。なんといっても富士山の展望はピカイチ、さらに、御坂毛無山から十二ヶ岳の間は、ロープや鎖、吊り橋、小さいキレットと、変化に飛んだルートの楽しいコースを歩いてきましたので、ご紹介します。
今日のルートは御坂毛無山~十二ヶ岳。まずは、河口湖畔の道の駅から、今から登る山容の全貌を掴みます。

1
「十二ヶ岳」というだけあり、稜線が凸凹!

西湖と河口湖を結ぶトンネル近くにある登山口から毛無山山頂までは2時間。頭上に広がるクロモジが作り出す新緑のトンネルが、とにかく綺麗でした。

2
4月下旬は、どこを歩いても、生命の息吹、自然のエネルギーを感じられて、山歩きが楽しくなります。

3
雑木林でふかふかの落ち葉の上には、ヒトリシズカの群落も。

10時半に登山を開始して1時間40分。標高差600mを順調にあがり、12時過ぎには、富士山の絶景を眺めながらのランチタイム。

4
富士山を背景に記念撮影も忘れずに。

「みなさん、今日のコースは簡単だと思っていませんか?面白いのはここからです。ストックしまって、十二ヶ岳まで気を引き締めていきましょう」ガイド清野氏が叫びます。

5
毛無山からは、一ノ岳、ニノ岳、三ノ岳、、、と、目指す山梨百名山の十二ヶ岳に向かって、小さなピークを12踏んでいきます。

6
足場に気を遣う難所が続きますが、顔を上げれば富士山がどーんと見守ってくれています。

7
緊張続く険しい岩場の隙間には、かわいらしいコイワザクラが咲いていて、強ばりがちな肩の力もふっと抜ける瞬間です。

長いロープの岩場を下ると待ち受けているのは、「ひとりずつ渡れ」の看板がある小さな吊り橋。

8

9

10
ぐらんぐらん揺れるのもそうですが、吊り橋に足を踏み入れるのも、終わった後がすぐに崖なのも、なかなかスリリングな橋でした。

1 キロちょっとの距離を、2時間半かけてたどり着いた十二ヶ岳、1683m。面白く、そして遠かった!山頂には古い祠もあり、信仰の山なんだと感じさせてくれます。

11
午後になっても変わらず、富士山は惜しみなく絶景を見せてくれています。

西湖の麓に降りていく下のルートも急坂は続きます。ガイド清野氏の的確な指示のもと、慌てず、時間をかけてゆっくりと降りました。今年初めての夏日を記録した暖かな初夏の陽気のもと、「今日は天気が本当に味方してくれたね」という言葉に、参加された皆様も大きく頷くような、一日中、富士山大満喫のルートでした。

12
1日中余すことなくその姿を見せてくれた富士山。

<文・写真>
添乗員/青崎涼子
通訳案内士(英語)、JMGA認定登山ガイド。

↓今後の御坂山塊の登山ツアーはこちら↓
2022年5月22日(日) 蛾ガ岳(ひるがたけ)

2022年5月25日(水) 王岳~五湖山縦走