聖岳と光岳
南アルプス主稜の南端へ

日本アルプス南端にあり、ともに日本百名山の聖岳と光岳。
靴マーク6の熟達レベルで、かつ4泊5日の長丁場、さらに今回は山小屋の食事提供が無いため、各自で食事を担ぐタフなコースとなりましたが、ご参加の皆様全員2峰を登りきりました!

2022年8月8日(月)1日目
東京駅を出発して畑薙第一ダムでバスを乗り換え、約7時間を要して椹島(さわらじま)ロッヂに到着しました。
明日からの登山に備えて、入浴・夕食を済ませてゆっくり休みます。


1
明日からに備えしっかり栄養をとります(デザート付)

2022年8月9日(火)2日目
早朝6時15分の送迎バスに乗り、聖沢登山口へ向かいます。

2
バスに備えつけのヘルメットを被り出発です

2日目の目的地は聖平小屋、標高差約1100mの間で吊橋を渡ったり、滝を見たりしながらゆっくり登っていきます。

3
谷間の細い登山道を気を付けながら

4
滑りやすい木の階段も慎重に進みます

5
ボヨヨーンと揺れる橋 滑らないように渡ります

6
ゆっくりゆっくり標高を上げていきます

7
季節の移り変わりを感じるトリカブトがたくさん咲いていました

8
看板に励まされ進みます。あと少し!?

9
岩頭滝見台からは2本の滝が見られます

10
目的地の聖平小屋に到着、お疲れ様でした!
ジュース、ビール、カップラーメンなども買えます

2022年8月10日(水)3日目
午前5時前に出発し、いよいよ今回一つ目の日本百名山、聖岳の3013mを目指します。

11
出発はガスの中

さすが3013m。
だんだん呼吸も苦しくなってきます。
しっかり息を吐きながらゆっくりゆっくり登ります。
そして…

12

聖岳頂上に到着!
ガスが晴れないかな〜と言っていると…

13
晴れてきました!

14
富士山も見えてきてテンションが上がります!

この後は聖平小屋に戻り、各自で昼食を取って荷物をまとめたら宿泊する茶臼小屋を目指します。
ここからが大変ですが重い荷物を担いで出発です。

15
たくさんのイワオトギリに励まされ進みます


16
上河内岳の肩に荷物をデポして、日本二百名山の上河内岳の頂上へ
こちらもガスがと思ったていたら…

17
晴れました! 遠くから見ると北アルプスの鷲羽岳に似ていて存在感があります
この後は再び茶臼小屋を目指します

18
奇岩竹内門 興味深い…

19
聖平小屋から歩くこと5時間、茶臼小屋への分岐までやってきました
ここから200m下ったところに茶臼小屋があります

20
15時茶臼小屋に到着、お疲れ様でした!
茶臼小屋でもジュース、ビールが冷えていて、カップラーメンなどもあります

2022年8月11日(木)4日目
この日は茶臼岳と光岳に登頂し、再び茶臼小屋へ戻ってくるというタフな1日が始まります。
朝食を済ませ午前4:30に出発です。

21
日の出に富士山も見えました! 良い日になりそうです

22
元気に茶臼岳を目指します!

23
茶臼岳 朝日を浴びながらの登頂です

24
気持ちいい稜線歩き

25
木道もあり、ほっとできる道を進みます

26
希望峰に到着
ここからの下りが急…
ということは帰りの上り返しが本当に大変! 皆さん本当に頑張りました!


27-2
易老岳到着(地味ですが…)

28
御嶽山と中央アルプスが良く見える場所で休憩

29
大変な上りの途中にもたくさんのトリカブトが

30
お天気がいいので光小屋手前のイザルガ岳に寄り道
山頂は360度の大展望 聖岳と上河内岳もよく見えてます
とっても気持ちいい!

31
無事、光岳も登頂!

このあと光小屋へ戻り、昼食をとって帰路につきます。
ここからも大変でしたが、頑張って無事に茶臼小屋へ17時過ぎに到着しました。
出発からなんと13時間!
皆さん本当にお疲れ様でした!

2022年8月12日(金)5日目
疲れも溜まった最終日。
危険箇所がたくさんある下りです。

32
前夜からの雨も出発時には上がり、茶臼小屋にお別れです

33
滑りやすい橋をいくつも通ります 滑らないように慎重に

34
そして最後の畑薙大吊橋へ向かうヤレヤレ峠の道は、細くて危ない登山道
集中して登ります

35
最後の吊橋、181mの畑薙大吊橋です。
長〜い吊橋は定員15名 高度感あります(汗)

36
橋を渡ればゲートまで舗装道路を歩くのみ
ここで強い雨が降り始め、皆さんずぶ濡れになりましたが、
無事バスに乗り、赤石温泉白樺荘での入浴で疲れを癒しました

本当に長くてタフな4泊5日でしたが、
参加された皆様、日本百名山2座の登頂本当におめでとうございます!
そしてお疲れさまでした!

【写真・文/長田由紀子】