篭岩山と花園渓谷奥ノ院峰
茨城北部の岩峰と渓谷巡り


徹底・岩場の動き方企画(通称:清野が叫ぶ!)の新コース、篭岩山と花園渓谷奥ノ院峰に行ってきました~♪
おかげさまで毎回好評頂いているシリーズですが、難しそう、怖そうと尻込みをしている方も多いのでは?そんな方に向けて同企画久しぶりの添乗レポートをお届けします。

2022年11月21日 1日目
スタートは小雨の東京駅前。東京も木々の色付きがだんだん綺麗になってきましたね。
今回は小型バスで出発です。

登山口のある花園神社は茨城県北茨城市にあります。茨城県北部は登山者にとって馴染みの薄い山域かもしれませんが、小粒でもピリリと辛く、そして面白い山がたくさんありますよ~。
神社に着くとまずは全員で参拝、登山準備をする頃には雨も止みとてもラッキーなスタートに!落差約60mの七ツ滝を愛でながら奥の院峰を目指します。

2.花園神社の入口
花園神社の入口

3.花園神社
花園神社

4奥ノ院峰登山口
奥の院峰登山口

5.神社の落ち葉
神社の落ち葉

6.七ツ滝と清野ガイド
七ツ滝と清野ガイド

七ツ滝を超えると空は青空に!でも足元は濡れているので慎重に進みます。

7.急登を進む清野ガイド
急登を進む清野ガイド

8.岩の登り
岩の登り

標高693mの奥の院峰に到着。
この後、月山・男体山・女体山と進み下山も急下降な場所があるので引き続き慎重に歩きます。

9.奥ノ院峰
奥の院峰

そして下山後は、本日の宿泊先・大子温泉やみぞホテルへ。
ロビーは広くて気持ちよく、宿の名物りんごが浮いているお風呂にすぐに行きたいところなのですが、明日は懸垂下降があるので経験者の方も久しぶりにご参加の方も初心者の方も、全員で事前に装備や手順の再確認をしました。こういう時間はとても大切ですね。知っていると思っている事でも過信せずきちんと繰り返し練習することが肝心です。

10.やみぞロビー
やみぞロビー

12.食事風景
食事風景

2022年11月22日 2日目
2日目は少し霧が残る中、不動滝を愛でながらいよいよ篭岩山へ向かいます!滑りやすい所には鎖が設置され一歩一歩慎重に進みます。足元の紅葉にも目が釘付け! 綺麗ですね~

13.不動滝
不動滝

14.鎖と紅葉
鎖と紅葉

15.紅葉の登り
紅葉の登り

篭岩到着です!
岩壁が長年の風雨によってえぐられ籠の目のように見えるのが名前の由来だそうです。更に長いハシゴを上がります。

16.みんなと篭岩
みんなと篭岩

17.長いハシゴ
長いハシゴ

ハシゴの先はL字型になっていて、上から覗くと高度感はあまり伝わらないかもしれませんがとても良い展望です。

18.長いハシゴの上
長いハシゴの上

19.篭岩からの景色
篭岩からの景色

ここから先は以前ツアーで引き返したことのある、アップダウンの激しい難しい稜線を進みます。実はこのツアーはリベンジを期しての企画!写真は紅葉の尾根歩きと懸垂下降。清野ガイドと奥谷ガイドが安全に通過できるようロープを設置します。
全員気を引き締めて集中!!!

20.紅葉の尾根歩き
紅葉の尾根歩き

21.懸垂下降その1
懸垂下降その1

22.懸垂下降その2-2
懸垂下降その2

緊張の懸垂下降も終わり、目標の篭岩山山頂に着きホッと一安心。清野ガイドと奥谷ガイドもグータッチ!

23.篭岩山山頂
篭岩山山頂

24.山頂でグータッチ
山頂でグータッチ

下山時の紅葉もとても素晴らしく充実の二日間でした。ご参加の皆様ありがとうございました。
今回、茨城県北部の個性的な2座をご案内させていただきましたが、新たに開通された茨城県北ロングトレイルも気になるところですね~
またお会いできる日を楽しみにしております。

25.下山時の紅葉その1
下山時の紅葉

26.下山時の紅葉その2
下山時の紅葉

27.下山時の紅葉その3
下山時の紅葉 

【写真・文:豊岡由美子】
日本山岳ガイド協会 登山ガイドステージⅡ

↓現在ご予約受付中の徹底・岩場の動き方企画ツアーはこちら↓
2023年2月17日(金)日帰り M1937 石尊山南西稜 足利の岩稜を行く

2023年3月16日(木)1泊2日 M1940 城山~はさみ岩と立処山 西上州東部の岩峰と鍾乳洞巡り