清野が叫ぶ! 徹底・岩場の動き方企画
鍬柄岳と破風(はふう)山


1鍬柄山山頂から叫ぶ!清野ガイド2
鍬柄岳山頂で叫ぶ! 清野ガイド

週間予報が発表された年明け、晴れマークが続く中1/7だけ雨マーク。
年明け最初の仕事なのにと、ちょっぴりテンションが下がった上野です。
雪の予報も出ていましたが前日には予報は好転。
「やったー。良かった」と喜んだのもつかぬ間、チーフの奥谷ガイドからの連絡で、パンフレットにはハーネス・カラビナ不要と書いてあるけど、下見の結果ハーネス等が必要との判断でお客様にも持参をお願いする連絡済。
上野もロープを持ってくるようにとの指示。
年末年始食べ過ぎ飲み過ぎで鈍った体と気持ちに喝を入れ、ガチャやロープをザックに詰め込み添乗の準備をしました。

2023年1月7日(土)
空には星と月が輝いています。天気は大丈夫。
「清野が叫ぶ!」シリーズは、
「難所を超える楽しみ、無事に下山した時の達成感、他のスタッフも熱い気持ちでサポートします。険しい山登りをぜひ一緒に楽しみましょう!」
と書かれています。
気合を入れて熱い気持ちで出発。
三連休初日の関越自動車道は鶴ヶ島ジャンクションで渋滞。
一時は心配しましたが、間もなく解消。
雪をまとった日光連山や浅間山を眺めながら道の駅しもにたへ。

2登山口から鍬柄山
登山口から鍬柄岳

トイレと登山準備をして登山口へ移動。
登り始めるとすぐに岩場手前の広い尾根上でハーネスとセルフビレイ用のテープをセット。
鎖は整備されていますが、念のため鎖にビナを掛け替えながら進みます。
古くからの信仰の山とのことで祠が安置されています。
担ぎ上げた先人のパワーに感心するばかりです。

3鍬柄嶽阿夫利大神
鍬柄嶽阿夫利大神

4鹿岳(かなだけ)と壁
鹿岳(かなたけ)と壁

5山頂手前、最後まで気が抜けない
山頂手前、最後まで気が抜けない

山頂は360度展望! 赤城山の奥には真っ白な日光白根山、上州武尊山など。

6南西神社奥之院入口
南西神社奥之院入口

7山頂の祠
山頂の祠

8 360度の展望
360度の展望

9鍬柄岳山頂
鍬柄岳山頂

10慎重に往路を戻る2
慎重に往路を戻る

11サポートする奥谷ガイド
サポートする奥谷ガイド

往路を慎重に下り、途中で各自昼食。
登山口へ戻って関東ふれあいの道(コース9)を進み、破風山西尾根の取りつきへ。

車道脇のピンクテープが一つだけ。
破風山へはいくつかルートがあるようですが、踏み跡が薄い場所やテープもあちこちについています。
テープばかりを追うとルートを外すこともあります。
西上州はテープを付けながら進んだものの、間違えて戻るなどを繰り返すうちにしっかりした道になってしまう場合もあるようです。
西尾根は比較的わかりやすいルートとの事。
トラバース気味に登っていき岩場の基部に到着。
清野ガイドが下見時に利用したルートより安全なコースを探しに先行。
コールがかかって奥谷ガイドが続きます。

破風山山頂で写真撮影。
祠の横に立って写真を撮ると空の青さとお客様の笑顔がとっても素敵。

ここからは下山に向けて清野ガイドがロープをセット。
ATCを使って30mの懸垂下降。
叫ぶシリーズ常連のお客様は懸垂下降もお手の物。
初めての方や不慣れな方は奥谷ガイドがATCのセッテングを指導。
上野がロープで確保しながら降りていただきました。
スタッフは上半部だけロープをかけゴボウで下降。
落ち葉が深く積もる急斜面は、ロープの下に降りても気が抜けません。
斜度が落ちても落ち葉で滑りやすく苦労しました。

12スタッフはゴボウで下る
スタッフはゴボウで下る

もう下るだけと思いきや、一部脆い岩場が出てきて最後まで楽しませて?くれた後、南西神社の脇に到着。
午後は曇り予報でしたが終日お天気に恵まれました。

13無時下山2
無時下山

14南西神社の鳥居
南西(なんさい)神社の鳥居

新年山行ということで、皆様へのお土産用に下仁田ねぎを道の駅しもにたで購入。
下仁田ねぎは秋に種まき、翌年4月に仮植え、真夏の8月に定植と二度の植え替えを行い、収穫まで約15か月の間、手間暇かけて育てられているとの事。
冬になり霜にあたると甘さが増すそうです。
ちなみに、上野は少しお酒を振ってホイルに包み、レモンを絞り丸大豆醤油でいただきました。おいしかったです。

15下仁田ねぎ
下仁田ねぎの紹介

三好PAでの休憩時には「上野さん、月きれい」とのお声が。
帰りは渋滞もなく新宿に到着し、皆さんに下仁田ねぎをお持ち帰りいただきました。

16三好PAにてまんまるお月様
三好PAにてまんまるお月様 

人気の清野が叫ぶ! シリーズは、困難なルートをトレースする達成感を清野・奥谷両ガイドが支えています。
岩稜を登下降するスリルと、熱を加えるととろりと甘いネギの味覚も楽しんだ山旅でした。

写真・文 上野ひろみ
日本山岳ガイド協会 登山ガイドステージ1
信州登山案内人

写真 奥谷 昇
日本山岳ガイド協会 フリークライミングインストラクター
信州登山案内人


↓現在ご予約受付中の上野ガイド同行予定のツアーはこちら↓
2023年2月11日(土)M4047 雪の小浅間山 軽アイゼン体験


↓現在ご予約受付中の清野ガイド同行予定のツアーはこちら↓
2023年2月19日(日)M2200 《全国旅行支援》霧島山(韓国岳)と開聞岳